当院の感染予防対策につきまして

明大前歯科クリニックでは新型コロナウイルスのみならず、様々な感染予防対策を強化して患者様に安心してご来院いただけるようにしております。

全ての診療室に口腔外バキュームを設置

当院は全ての診療室に口腔外バキュームを設置しております。口腔外バキュームは治療中に飛散する唾液や水、また歯を削った際に飛び散る目に見えない金属片や粉塵を吸い込む機材です。飛散する粉塵のみならず空気中にある感染物質やウイルスも吸引するため、感染予防対策として非常に有効であると厚生労働省でも導入を推奨しております。

空気清浄機を複数台設置

常に院内の空気を綺麗な状態にするために複数台の空気清浄機を設置しております。

定期的なアルコール除菌を実施

患者様やスタッフが触れる可能性のある箇所は定期的にアルコールスプレーをしたのちに綺麗に拭いております。また、ユニットなどは治療ごとにアルコール除菌しております。

定期的な換気

患者様やスタッフが触れる可能性のある箇所は定期的にアルコールスプレーをしたのちに綺麗に拭いております。また、ユニットなどは治療ごとにアルコール除菌しております。

患者様、スタッフ共に体温管理を徹底しております

患者様に関しましてはご来院時に必ず体温を測らせていただきます。また、スタッフに関しましては始業前に必ず体温チェックをおこない管理を徹底しております。

積極的なディスポーザブルの採用

当院では積極的にディスポーザブル(使い捨て)出来る器具等を採用しております。使い捨てが不可能な器具に関しましては使用後に必ず滅菌器による消毒をし、滅菌パックで清潔な状態を保っております。

ポセイドンの導入により使用する水を徹底除菌

歯科医院では治療の際やお口をすすぐなど様々な場面で水を多く使用します。患者様が治療の際に使用する水はユニット(治療の際に座る椅子)に循環しています。 通常はユニット内に循環する水は水道水ですが、水道水は塩素によって消毒されます。しかし、塩素だけでは除菌しきれない細菌やウイルスが多くあると問題視されています。 そこで当院では『ポセイドン』という機材を導入しています。ポセイドンはユニット内に流れる全ての水を除菌作用のある電解中性機能水にすることが可能です。 これにより使用する水がほぼ細菌やウイルスを0の状態に出来るため感染リスクを大幅に下げることが可能です。

ラバーダムの使用

当院では治療時にラバーダムというゴム素材のもので、治療をする歯以外の箇所にラバーダムを被せます。ラバーダムは唾液に含まれる細菌が治療中の患部に触れて感染してしまうことを防ぎます。唾液には無数の細菌が含まれていますので治療中でも患部に触れれば感染の恐れがある為、感染予防対策には欠かせない治療器具です。

このように当院では様々な感染予防対策を強化して安全に治療が受けられる環境を整えております。
歯の事でお困りの方はどうぞ安心してご来院ください。

expand_less
03-6379-0072