インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療インプラント治療とは、歯茎を切開して顎の骨にドリルで穴を開け、そこに人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療です。むし歯や歯周病、外傷などで歯を失ったときの選択肢は、インプラントだけではありません。入れ歯やブリッジも歯の機能を補うことができます。

インプラントは顎の骨に直接埋め込むため、入れ歯やブリッジと比べて噛む力が強く、安定しています。また、使用する人工歯はセラミック製の審美性と機能性に優れた素材のため、見た目と機能の両方を取り戻せます。

当院では、いつまでも食事や会話を楽しんでいただくために、的確なインプラント治療だけではなく、定期メンテナンスまで対応しております。インプラント治療を検討されている方や話しを聞きたい方はお気軽にご相談ください。

インプラントの必要性

インプラントの必要性インプラント治療は、審美性と機能性に優れており、天然歯に近い状態へと回復できる治療法です。その一方で、入れ歯やブリッジと比べて費用が高く、外科手術が必要なことなど、いくつかのデメリットもあります。インプラント治療が最良の選択とは限らないため、入れ歯やブリッジと比較・検討することが大切です。

インプラント治療は、口を開けたときに入れ歯の留め具が気になる、よく噛めない、周りの歯を削ることで歯の寿命が縮まる、など、入れ歯やブリッジのデメリットを解消した治療法です。ご自身にとってインプラント治療が必要かどうかを見極めるためにも、まずはお気軽にご相談ください。

当院のインプラント治療のポリシー

噛み合わせを考慮したインプラント治療

噛み合わせを考慮せずにインプラント治療を行うと、特定の歯に大きな負担がかかります。また、顎関節への負担も増加し、顎関節症を発症したり、それに起因して頭痛や肩こりなどに悩まされるようになったりする恐れがあります。当院では、口腔内検査の結果に基づき、噛み合わせを考慮したインプラント治療を行っております。

CT検査・シミュレーションの徹底

CT検査・シミュレーションの徹底インプラント治療では、事前にCT撮影で血管や神経の位置を確認し、インプラントの埋入位置や深さをシミュレーションしなければなりません。この分析やシミュレーションが不十分だと、太い血管や神経にインプラントが触れてトラブルが起こるリスクが高まります。

そのため、当院ではCT検査による情報の取得、分析、シミュレーションを徹底しております。

治療計画の説明と同意

インプラント治療は外科手術のため、どうしてもリスクを伴います。当院では、事前の検査・分析・シミュレーションの結果を患者さまに丁寧にご説明し、同意を得てから治療を進めております。また、ご質問にも的確に回答し、疑問や不安を解消することに力を入れております。

徹底した感染対策

外科手術の際は、感染対策を徹底しなければなりません。手術に使用する器具は全て滅菌しており、直前に滅菌パックを開封して使用いたします。

骨が無い・少ないときの手術方法

サイナスリフト

サイナスリフトとは、上顎の骨の厚み3mm以下の場合に骨を移植する骨造成術です。十分な骨の厚みを確保することで、インプラントを埋入できるようになります。骨ができるまでには3ヶ月~半年ほどかかります。

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎の骨の厚みが4mm前後の場合に適用します。インプラントを埋入できるだけの厚みを得ることで、インプラント手術を適用できるようになります。骨の元になる人工骨を入れて、同時にインプラントを埋入できます。

expand_less
03-6379-0072